見出し画像

キムタクは、この夜景のすべてに知られている。-三宅弘晃-

 高層ホテルのレストラン。ぼんやりと夜景を眺めながら、僕は希代のスーパースターに思いを馳せていた。

 ここから見える明かりのひとつひとつに人間がいて、それぞれの営みがある。そして、その明かりの中にいる人々は、おそらく例外なくキムタクのことを知っている。しかしキムタクはその明かりひとつひとつを知るわけもなく、ただ直立し、燦然と輝いている。

画像1

 ふと思う。
 キムタクにとってこの夜景は、どんな風に見えるんだろう。
 ただの夜景に見えるのかな。いやいやもしかしたら、「この世界は自分のものだ」と思うかもしれない。

 そんなことを考えていると、星も見えない夜空ノムコウに巨大なキムタクが降りてきた。キムタクは両手を拡げ、ビルの群れを手中に収めながらこちらを見下ろしている。キムタクにとっては僕もまた、夜景の中の小さな明かりのひとつだ。

画像2

「この魚、おいしいね」
ふいに呼びかけられ、我に返った。

「うん、確かにおいしい」
そう応えながら、同じ魚を口に運ぶ。

 舌の上でホロホロとほぐれる白身魚の感触を味わいながら、改めて窓の外を眺める。先ほどまで空を覆っていたキムタクは姿を消し、見渡す限り人々の明かりが続いていた。

 さらに思う。
 僕の事を知っているのは、この明かりの何万分の一だろうか。けどその明かりは、多分この夜景よりももっと近くにあって、温かく、心強い。

 キムタクへの憧れも悪くないけど、いま向き合うべき明かりは窓の外には無いよな。ひねった姿勢を改めて正すと、僕は残りの白身魚を口に放り込んだ。

三宅弘晃
キャリアコンサルタントカメラマン
キャリア心理学を応用し、その人の魅力あふれるポートレート撮影を行なっております。活動テーマは「モヤモヤを、イキイキに。」
出会いの季節…ここで深呼吸
49
「マインドフルネスを私たちの日常に。」をコンセプトに、マインドフルネスを気軽に知る・体験する・実践するのきっかけを作るための、マインドフル・ライフスタイルメディアです。