Mindful Photos

32
徒らに、空を見上げる-おざきゆき-

徒らに、空を見上げる-おざきゆき-

「意味のあることをしよう」 時々、自分自身を追いつめてしまっていることに気づく。 “全て説明できてしまう”ということは ある意味 “全てそれ以上にいけない”そんな、 つまらないような ことなのかもしれない。 そこに意志があるのか、 そこに意味があるのか、 だけではない。 意味もなく、徒らに見上げてみることで 見えてくる景色がある。 言葉にできなくて 意味も見つけられず、 そんなことの方が 実は、自分のほんとうを見つけてくれる時だってある。 おざきゆき 株式会社C

7
Eternal blue-わたなべさき-

Eternal blue-わたなべさき-

この紫陽花を見た時、 花の色は 移りにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに という句を思い出した。 小野小町の句だ。 長い雨が降る間に色褪せた花と自分の身を重ねて憂う歌なのだけれど、反対に、いつまでも色褪せて欲しくなかった気持ちも感じ取れる歌だと思う。 私も、できることならば、この見事な青をいつまでもみていたいと思った。 でも、そんなことはできないから せめてこの美しさが永遠にしまいこめるように、写真に写すのだ。 移ろうことが世の常だからこそ、この一

7
シンメトリー婦人と過ごす秘密の夜会。-三宅弘晃-

シンメトリー婦人と過ごす秘密の夜会。-三宅弘晃-

 「左右対称」の異名を持つシンメトリー婦人は、毛足の長いファブリックソファからゆっくりと立ち上がると、紫に光るきらびやかなドレスを揺らしながら、屋敷に集まった紳士淑女達に語りかけた。  「人類の歴史において、『左右対称』ほど美しく、崇高で、完璧な景色は他に類を見ませんことよ。その証明に、玉座はいかなる時代も左右の景色が対を成すように作られているじゃありませんか。あらゆる線の先端が示す消失点の存在こそが、この世における最も高貴な威厳を象徴しているのです」  「御覧なさい。偽

20
美しいということ-おざきゆき

美しいということ-おざきゆき

美しいということはどういうことだろう。 “綺麗”と“美しい”というのは 似ているようで少し違う気がしている。 ささやかで柔らかく、時に強い。 そんな、言葉一言では 言い表せないもの。 時間を重ねただけ厚みを増す。 懸命に追い求めからこそ、近づく。 そして、力を抜くからこそ気付くもの。 おざきゆき 株式会社CRAZY |CRAZY WEDDING ART director 空間アートディレクター テーマは“感動と、在る日々” 小さな ときめきを切り取っています。

11
黄金色の視界を感じて-わたなべさき-

黄金色の視界を感じて-わたなべさき-

目を閉じても まぶた裏に差し込んでくる光。   黄金色の光が視界いっぱいに広がって、 天国にいるような心地。 "幸せだ"って、こんな時に思う。 黄金色を吸い込むように、深呼吸をした。 "幸せとはこころの状態である" 先日、尊敬する人から教えてもらった言葉だ。 幸せを必死に追い求めてしまうときもあるけれど、 ふと立ち止まってこんなふうに感情を味わうとき、 わたしは紛れもなく、幸せだなぁと思うのだった。 わたなべさき 会社員/フォトグラファー 雨の日にテンションが

10
あれから、13年の月日が流れた。-三宅弘晃-

あれから、13年の月日が流れた。-三宅弘晃-

 初任給で買ったばかりのデジタルカメラを片手に、街灯の点り始めた山下公園を一人歩く。6月の潮風には一足早く夏の気配が混ざり、赤レンガ倉庫が見えてくる頃には首筋がじっとりと汗ばんでいた。  マリンルージュが船の名前だと知ったのは、つい先日のことだ。ハーバービューの部屋にも、ブルーライトバーにも縁がなかった僕にとっては、横浜を舞台にした大人のデートなど憧れ以外の何物でもない。だからこそ、その街の雰囲気に少しでも近づこうと、使い方もおぼつかない新品のカメラを持って横浜に繰り出した

24
昼下がり、友人とお絵かき-わたなべさき-

昼下がり、友人とお絵かき-わたなべさき-

昼下がり、窓を開けると部屋の中を風が通り抜けた。 今日は久しぶりに会う友人と、お絵描きの日。 友人の向かいに座り、絵を描いていると、 向かいに座る彼女の手が小刻みに揺れて、線を引いている。 サッサッサッ… それを見て、友人が目の前にいるんだなぁと実感すると、 なんだか胸がキュッと、愛おしくなった。 この時間が好きだ。 2人で、頭を空っぽにして絵を描いた。 お互いの絵を覗き込んで感想を言い合った。 クッションに倒れ込んでたびたび作業を中断する彼女が面白くて笑

13
虹を待つ頃-おざきゆき-

虹を待つ頃-おざきゆき-

雨が降りそうで、降らない。 そんな曖昧な天気と、心がどこかリンクしている。 どうせなら、土砂降りになってくれたらいいのに。 どうせなら、霧すらも濃いような、そんな場所に行けたなら。 でも、晴れだけでは生きられないし 雨も、曇りも、全部があるから豊かさを知っている気もする。 良いわけではないかも知れないけれども、 良いか悪いかなんて、きっと 私にしか分からない。 だからこそ これで“もしかしたら”良いのかもね、なんて 私にそっと小さなご機嫌を渡してあげよう。 お

8
花とおしゃべり-わたなべさき

花とおしゃべり-わたなべさき

かわいい花が風に吹かれていた。 花は言葉を話さないけれど、 なんだかとても気持ちよさそう。 「今日は良い天気だね。とっても気持ちよさそう」 カメラを向けると、花が喜んでいるように感じる。 この瞬間を残しておきたくて、 可憐に揺れる花たちに向けてシャッターを切った。 わたなべさき 会社員/フォトグラファー 雨の日にテンションが上がる人。 みんなが本当の想いを生き、心を震わせあう世界をつくりたいと思っています。

16
都会の古民家にて、新しきを思う。-三宅弘晃-

都会の古民家にて、新しきを思う。-三宅弘晃-

 縁側に腰掛け、素足を庭に投げ出す。撮影に望む青年実業家の緊張は瞬く間にほぐれ、まるでここが、彼の生家であるかのような錯覚を覚えた。  「古民家で撮影をしてほしい。」  遠山直さんからそんな依頼が舞い込んだのは、4月半ばのことだった。  聞けば古民家を現代風に活用するビジネスの計画のみならず、ゆくゆくは自らもそこに身を置く構想があるらしい。そんな青写真を、現社員のみならず未来の仲間たちに伝えたい。それが、この不思議な依頼の背景だった。  小石川大正住宅・根木邸。築100年

34