見出し画像

佐原の大祭で千年の心に触れる -三宅弘晃-

古い街並みを今に残す美しい町、佐原(さわら)。町の中央を流れる小野川沿いには商家や町屋が軒を連ね、江戸の雰囲気をそのままに残している。

かつては物流の拠点ともなったこの水の郷で、年に二度、華やかな祭りが開催される。それが、佐原の大祭である。

画像1

地元で育った若者たちは、祭りの時期になると決まってこの故郷に戻り、大祭を盛り上げる。見どころは豪華絢爛な巨大な山車を、厳かに、そして豪快に回転させる「のの字廻し」だ。これこそがこの土地の男たちの憧れであると、彼ははにかみながら誇らしげに教えてくれた。

画像2

大祭は世代を超えた教育の場でもあった。彼らは、齢を重ねると共に次なる世代に役割を引き継ぎ、また新たな役割を全うしていく。そこには、千年以上にもわたり連綿と受け継がれてきた精神が、確かに存在していた。

画像3

大祭の夜は更ける。しかし本当の祭りは、日付を跨いだ深夜から始まる。観光客が去った佐原の町では、地元の人々が夜通し酒を飲み交わし、踊り、日が昇るまで季節の風物詩を楽しみ合うのだった。

三宅弘晃
キャリアコンサルタントカメラマン
キャリア心理学を応用し、その人の魅力あふれるポートレート撮影を行なっております。活動テーマは「モヤモヤを、イキイキに。」
何でも正解があるわけちゃうでー
「マインドフルネスを私たちの日常に。」をコンセプトに、マインドフルネスを気軽に知る・体験する・実践するのきっかけを作るための、マインドフル・ライフスタイルメディアです。