新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

受け入れ難い出来事に遭遇したら「一回〇〇」すると心が軽くなる。

この連載は、しんいちさんが、会社員として働きながらも、物を減らしリュック1つを背負って、旅するように暮らす日々を綴ります。
▼前回までの記事ピックアップ
vol5:偶然は自分で呼び起こせる!「クランボルツ理論」は本当だった。
vol.11:ミニマリストの僕が続けている暮らしをカラフルにする習慣

ミニマリスト&多拠点生活と相性の良い趣味

ミニマリストの僕の趣味は、ランニングだ。
ランニングは、靴さえあれば何処でも出来るスポーツだから、身軽な多拠点生活と相性がとても良い。

現在、地球1周40,000キロ走破を目標に走り続けている。ランニングについても話したいが、こちらはまた別の機会にしようと思う。

▲僕のランニングログ。2011年8月から現在まで累計16,823キロ。

突然走れなくなってしまった。

そんな趣味のランニングが突然、出来なくなった。
在宅勤務中に骨折した

集中するために正座で作業をしていたら、いつの間にか足が痺れていた。
作業がひと段落して、お手洗いにいこうと立ち上がった瞬間、痺れた足でコントロールが効かず、足の甲から着地してしまった。

「パキッ」と乾いた音がした。

足の小指の骨折だった。


「当たり前にできない」へのストレス

骨折箇所が足だったため、強制的に松葉杖生活がスタートした。
走ることはもちろん、歩くことも満足にできない。

無意識に出来ていたことが、急に出来なくなるのは、苦痛だった。

思い返すとイライラした。

しびれる前に休憩をこまめに取っていたら・・・
痺れがおさまるまで、じっとしていたら・・・
そもそも正座で仕事をしていなければ・・・

色んな「タラレバ」が脳で何度も繰り返された。

▲骨折したての左足。

苛立ちは「骨折の原因」にあった。

とは言え時間を巻き戻すことはできないので、この状況を打破すべく、過去の骨折経験を振り返ってみることにした。

僕は、2015年の冬にも骨折した。
当時のSNSを読み返すと、この時はApple Musicを使い始め、前向きに乗り越えようとしていた。

▲2015年の骨折時の投稿

過去の骨折を、経緯から細かく思い出していくと、当時との違いに気付いた。

骨折という事象は同じだが、原因が異なっていた。

当時は、トレイルランニングのレース中に転倒して骨折した。
レース中という状況から、骨折を「仕方なかった」と素直に受け入れられた。一方、今回は日常生活での不注意で、自分の行動に納得ができなかった。

この違いが、後悔の念を生み出し、前向きな発想に蓋をしていた。

ヒントは書籍にあった。

さて、どうすれば、この後悔だらけの骨折を受け入れられるのか。
悩んでいた時、書籍「野生の力を取り戻せ」の一節を、ふと思い出した。

キャリア理論のなかにも、「小さな死を迎える」という表現を含む考え方があるんです。「トランジション」という理論なんですけれどね。人生のある局面において、転機というか、移行期を迎える。そこは、今までの自分のアイデンティティがある意味では崩壊して、死んだような、自分を失ったような戸惑いの時間です。それを過ぎていくと、新しい自分としてまた歩みを進めるようになる。これをくり返しながら、人はキャリアを積み重ねていく、という考え方です。

『野生の力を取り戻せ』星野文紘, 渡辺清乃著

目の前に起きた想定外の出来事や、やりきれない出来事も、トランジションの理論を取り入れることで、新しい人生をはじめるきっかけ、と捉える事が出来るかもしれない。

歩けない状況は辛く苦しいが、今はそれを耐える時期。その先には新しい何かがあるかもしれない、と捉えると、明るい兆しが見え始めた。

小さく死んで、また生まれ変わる


「小さな死」つまり、どん底まで落ち込んでいる状況を悲観するのではなく、ただその状況を受け入れる。
その状況から獲得した新しい習慣、価値観で生きることを「生まれ変わる」と言うのであれば、捉え方次第で僕らは何度でも死ぬが、何度でも生まれ変われのだ。

歩けないからこそ見える世界を感じ経験しよう、と決めて生活を始めた。


骨折で見えた、新たな世界


すると、早速新しい発見があった。
タクシーアプリの存在だ。

タクシーは電車やバスと比べて、料金が割高なので、緊急度と重要度の高い用事がない限り、使うことは殆ど無かった。

しかし骨折により、移動に不便を感じるようになってからタクシーを使い始めたのだが、アプリで発行されるクーポンを使えば、2キロ程度までは電車とさほど変わらない。
僕の日常生活での移動手段のひとつに、タクシーが加わったのは新たな発見である。

▲タクシーアプリの利用履歴、クーポンを使えば電車やバスの利用料金程度で活用できる。


小さな事かもしれないが新しい人生は、小さく、でも確実にはじまっている。

「旅路」は続く。

■プロフィール

しんいち:石井慎一
埼玉県入間市出身。社会人から16年を東京で過ごし、離婚や大阪転勤を機に自分の暮らし方を考えるようになる。現在は会社員として人事系サービス企業で大阪支店長の職を担いつつ、全国に拠点のあるADDressを利用し、「旅するように働く、暮らす」を実現している。
・まなびやアカデミー認定マインドフルネストレーナー
・産業カウンセラー

しんいちさんの多拠点ミニマルライフ・ヒストリー

2018年10月
38歳でバツイチ確定後、シェアハウスに転居。当初持っていたのは、掃除機と電気ケトルと服だけ。

2019年6月
大阪転勤を期に、一人暮らしをスタート。家具・家電などが増える。
2020年4月
緊急事態宣言で在宅勤務になり、快適さを追求したくなり、高城剛氏の「LIFE PACKING」から物を減らすことに興味を持ち、「スーツケース一つで生活する」を目指し始める。

2021年1月
一人暮らしのマンションを手放しCoリビングサービス「Address」を契約。多拠点生活を開始。Addressを利用していない時は、間借りしている大阪のスペースで生活している。現在の所持品はスーツケース2つ分。

このシリーズの他の記事も読む


しんいちさんの日々を綴った他のストーリーはこちらで読めます。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
マインドフルネス・ライフスタイルメディア「Mindful.jp」
「マインドフルネスを私たちの日常に。」をコンセプトに、マインドフルネスを気軽に知る・体験する・実践するのきっかけを作るための、マインドフルネス・ライフスタイルメディア「Mindful.jp(マインドフル・ドット・ジェイピー)」です。