落ち着いてるのに、心の奥底が高揚するFREAKIN' CALM OUT
見出し画像

落ち着いてるのに、心の奥底が高揚するFREAKIN' CALM OUT

Mindful .jp

こんにちは!Mindful.jp編集部 はるなです。

10月23日 新宿御苑で開催されたFREAKIN’ CALM OUTに参加してきた。


サウンドセラピストのHIKO KONAMI氏と音楽家の大沢伸一氏によるマインドフルネスやメディテーションとサウンドを融合させた「サウンドフルネス」を体感するイベントだ。

前日の雨から一転、すっきりした快晴

開催前日は一日中途切れることなく小雨が降り続いてずっしりした空気の一日だった。ところが朝になると雨が降っていたことが嘘のように快晴で雲も全然ない瞑想日和となった。
秋と冬のあいだくらいの季節だったが、家を出た6時ごろは空気がぴりっと冷たくてその時間は冬に近づいている感じがした。

画像1

▲朝7時前の信濃町駅。すでに日差しが力強い。

いざ、サウンドフルネス!

当日のスケジュールはこんな感じ。

集合:7:00(千駄ヶ谷門)
 ※7:15より新宿御苑こども広場にてアプリログイン、検温、消毒を実施
Soundfullness 開始:7:30
Soundfullness 終了:8:30
Chill time:8:30~9:00

7時前に新宿御苑の千駄ヶ谷門に到着した。開園時間になりゲートをくぐり入口近くのキッチンカーでコンブチャを受け取る。今回のイベントのお土産の一つだ。

画像3

▲お茶を発酵させて作るコンブチャ。さっぱりした甘さだった。

会場のこども広場は思わず「うわぁ」と声を上げたくなるくらい芝生が目の前に広がっていた。前日の雨でしっとりした芝生がとても綺麗でぼーっと眺めたくなった。

画像5

▲目の前の芝生と真っ青な空が心地よかった。

スタッフの方の案内で検温と消毒を済ませ受付を行う。ここでもさらにお土産をもらい、開始前から嬉しくなった。

各々好きな場所にマットを広げ仰向けになり目をつむってサウンドフルネスの世界に入り込む。

HIKO氏の演奏するクリスタルボウルからサウンドフルネスが始まった。その音は波のように強弱をつけながら体に入ってきて自然の中に埋もれるような感覚になる。そこに大沢氏の音楽やビートが加わると一気に都会の雰囲気が流れ込んできて自然と都会を行き来するような不思議な体験だ。

終始目をつぶっていたため、土の冷たさや風に木や葉が揺れる音、体の半分だけ日が当たって温度が上がっていくその時々の状況を敏感に感じ取り自分の呼吸が深くなる。

閉じた瞼の裏に日の光を感じて、ぼんやり白くなったところにオレンジや赤の光が差し込んでグラデーションが広がっていく時間がとても印象的だった。

画像5

▲ごろんと横になっていた時に浴びた日差し。


音を浴びて自然のエネルギーに充電される感覚

1時間のサウンドフルネスが終わると心はリラックスしているが、体はなんだか充電されたような勢いをつけて動き出したくなるような不思議な感覚になった。
これがFREAKIN’(ヤバい高揚)なCLAM(落ち着き)?
太陽の光を浴びると「あ、今生きてる」という感覚になる。そこに楽器や音楽が加わるとリラックスやエネルギーチャージできる効果もあるのかもしれない。

その日の夜はいつもより早めの21:00に電池が切れたようにぱたっと眠れたのは言うまでもない。

自分を取り戻す時間

上記でも触れたお土産だが、今回のイベントではプチギフトどころではない量を頂いた。

画像6

▲イベントもお土産も素敵だった!

ご来場特典
①スキンケア&ライフスタイルブランド”athletia”よりサンプル
②CBDスキンケアブランド”WALALA”よりサプリメントのサンプル
③お香ブランド”hibi”より、着火機能付きお香 " hibi 10MINUTES AROMA" 
④ "おむすびとせかいのごはん"より、お好きなおむすびに加えお惣菜と具だくさんお味噌汁などがついたセットメニュー or せかいのごはんが無料になるチケット
⑤”大泉工場”よりお茶の発酵飲料「KOMBUCHA(コンブチャ)」
⑥ “EMOOR(エムール)”よりアイマスク

特に③の10MINUTES AROMAはプレゼントしたり自分にも買ったことのある大好きなお香。
hibiはマッチ状になっていて柄の部分にお香が入っている。着火剤やアロマスタンドがなくても手軽に楽しめるお香だ。
香りに癒されるのはもちろんだが、お香からゆるゆるとあがる煙がすうっとと消えていく様を見ている時間が好きなのだ。

名の通り10分で終わってしまうのが名残惜しいが、忙しい現代人が気分転換するにはちょうど良い・・・と何だか宣伝のようになってしまったが、サウンドフルネスも癒しの香りやアロマの煙を眺める時間も私には必要だ。

普段生活しているとひっきりなしに頭に大量の文字や情報が流れ込んできて、それがノイズになって自分の感情や感覚に気付きにくくなる。サウンドフルネスやアロマは一瞬で消えてしまう自分の「今の」感覚を見つめるのに必須なのだ。

今、自分がどんな風に感じてるかを観察してじっくり味わう時間は忙しない世の中を自分らしく生活するために必要な時間だな、と改めて感じるイベントだった。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
また見てね☆
Mindful .jp
「マインドフルネスを私たちの日常に。」をコンセプトに、マインドフルネスを気軽に知る・体験する・実践するのきっかけを作るための、マインドフル・ライフスタイルメディアです。