Mindful.jpへの応援コメント/清水 ハン 栄治 氏/島田 由香 氏
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

Mindful.jpへの応援コメント/清水 ハン 栄治 氏/島田 由香 氏

※2020年11月、Mindful.jpリリース時にいただいた応援コメントを転載しております。

▷応援コメント
日本でのマインドフルネスの普及を牽引してきたお二人から応援・期待のコメントをいただきました。

清水 ハン 栄治 氏(映画監督・瞑想家)

「マインドフルネスがブームになってますね。「心が調う」あの素敵な感覚、神々しい師匠の指導のもと、格式の高いお寺や会員費が高いヨガスタジオでは誰もが経験できます。でも僕は、もっと生々ししい俗世、つまり混んだ通勤電車内、横入りされたスーパーのレジ前、子供が泣き止まない瞬間、感動が少ない無機質な日常の中で発揮できないと意味が無いんだと思うんです。心を調えるだけなら、それこそ縁側でほっこりお茶でも飲んでればいい。そこで下界に生きる僕らの痒いところを知っているアヤさんのマインドフルネス。サラリーマンの経験を生かした実践的なメソッドを提供してくれることと思いますよ。」

島田 由香 氏
(ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 取締役 人事総務本部長)

「『マインドフルネスを私たちの日常に』すること、大賛成です。なんならマインドフルネスを私たちのあたりまえにしたい。
私たちのあたりまえは新型コロナウイルスの影響で大きく変わりました。全ての人が、程度の差はあれ何かしら自分の幸せや人生について考えたはずです。これまであたりまえだったものはもう過去のもの。どの瞬間も自分の感情を感じて、自分の体の感覚を感じて、ありのままそのままを受け止めて表現する。こんなふうにできる人が1人でも少しずつでも増えていけば、もっともっと良い社会になっていくと思っています。
マインドフルネスはそのための本当に簡単で、インパクトの大きい誰もが知っていたらいいスキルだと思っています。マインドフルネスをあなたのあたりまえにするきっかけ。Mindful.jpを応援しています。」

▼その他、リリース時詳細情報はこちら。

▼応援コメントをいただいた、清水ハン栄治さんの新作映画「トゥルーノース」が全国ロードショー中。



また見てね☆
「マインドフルネスを私たちの日常に。」をコンセプトに、マインドフルネスを気軽に知る・体験する・実践するのきっかけを作るための、マインドフル・ライフスタイルメディアです。