2022年2月マインドフルネスな"コト・モノ・場所"ピックアップ
見出し画像

2022年2月マインドフルネスな"コト・モノ・場所"ピックアップ

こんにちは、Mindful.jp編集部の千夏です。
こちらの記事では、編集部が厳選したマインドフルネスに関するイベント、セミナーや本、訪れたい場所を紹介していきます。
あなたの日常に、マインドフルネスを取り入れるきっかけとなる情報をお届けできたら幸いです!

マインドフルネスなコト

■週半ばの仕事終わり、広尾のおしゃれスポットで究極の癒し体験を。
HIKOKONAMIによるSOUND BATH

2月毎週(水)19:00-20:00
訓練の必要なく、深い瞑想に入れるサウンドメディテーション。豊かな倍音を持つ楽器が空気の振動を起こし、強張っていた脳も心も体もリラックス。会場は広尾にある大人のための上質空間、「EAT PLAY WORKS」。毎週水曜日を、ウィークリーご自愛タイムにしてみては?!

■鎌倉の古民家でマインドフルネス体験
サウンド・メディテーション&食べる瞑想 〜音、香り、空間に癒されるひととき

2月27日(日)13時30分〜14時30分
会場は鎌倉・稲村ヶ崎にある古民家。非日常空間でリフレッシュ。クリスタルボウルやシンギングボウルによる音瞑想をはじめ、五感を心地よく刺激してくれるイベント。

■クリスタルボウルの音とキャンドルアートの灯りの中で、体に意識を向ける時間を

2月27日(日)16時45分~18時15分
クリスタルボウルの音が響き、キャンドルアートの灯りが揺らぐ空間。想像するだけで幻想的で非日常。そんな空間でヨガで体に意識を向ける。ヨガを普段の生活に取り入れている人にも、そうでない人にも体験してみて欲しい。

■身体に痛みを感じている方のためのマインドフルネス8週間プログラム


2月15日(火)初回開講 火曜日10時~12時30分
MBSR(マインドフルネスストレス低減法)の流れをくみ、痛みをマネジメントするために開発されたプログラム。イギリスでは、病院でもこのプログラムが実施され、その効果が認められているそう。週間の受講中、瞑想会やヨガプログラムも充実していて続けられる仕組みも整えられている。


マインドフルネスなモノ

■2022年の最重要ワード「ウェルビーイング」を日本文化から学ぶ一冊。
予防医学研究者と人気アナウンサーのポッドキャスト番組が書籍化

2022年1月28(金)発売
『むかしむかし あるところにウェルビーイングがありました 日本文化から読み解く幸せのカタチ』
株式会社KADOKAWA「ウェルビーイング」(=心身ともに健康で満たされている状態のこと)の本質に迫るカギを、昔話をはじめとした日本文化から探求。予防医学研究者・石川善樹氏×人気ラジオアナウンサー・吉田尚記氏のタッグも興味深い一冊。


マインドフルネスな場所

■南青山に佇む、メディテーションにアートと煎茶文化を融合した没入体験型スタジオ。
自分に余白をつくる贅沢な時間を味わう


Medicha(メディーチャ)は、「光・香り・瞑想・自分のために煎茶を淹れる」など、様々な方法でマインドフルネス・自分に集中する時間を体験することができる、没入型体験スタジオ。
1人では瞑想が出来ない、マインドフルネスって分かるようで分からない。そんな人も、イベント感覚で訪れることで、日常に余白を作るきっかけを見つけられるかも。
住所:東京都港区南青山5-3-18 BLEU CINQ POINT C棟B1(表参道駅A5出口から徒歩4分)


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
出会いの季節…ここで深呼吸
マインドフル・ライフスタイルメディア「Mindful.jp」
「マインドフルネスを私たちの日常に。」をコンセプトに、マインドフルネスを気軽に知る・体験する・実践するのきっかけを作るための、マインドフル・ライフスタイルメディア「Mindful.jp(マインドフル・ドット・ジェイピー)」です。