見出し画像

人生100年時代を生き抜くためのストレス解消法〜呼吸〜

こんにちは!BeDo+(ビードゥー)プロデューサーのみっしーです。「ウェルビーイング*に生きるためのちょっとしたコツ」をお届けします。

*ウェルビーイング
直訳すると「よくあること」「健康」「幸福」のこと。
WHO(世界保健機構)憲法草案の中での健康の定義は「病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態」。(日本WHO訳)
※こちらの記事はウェルビーイングサービス「BeDo+(ビードゥー)」の提供でお送りしています。

「人生100年時代」という言葉を耳にしたことがある方もいらっしゃると思います。『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』の著者であるリンダ・グラットン教授が著書の中で提言している概念で、人々の寿命が伸びることで、新しい社会構造や価値観が生まれてくることを指南しています。
今回から全3回にわたり、「人生100年時代」を生き生きと楽しく過ごすための、ストレス解消法をご紹介していきます。

人生100年時代を生き抜くためのストレス解消法シリーズ

1. 呼吸 ←今日はココ
2. 睡眠
3. 笑う

ストレス解消に効果抜群!「呼吸」することを意識しよう

コロナ禍でリモートワークをしている方が増えてきており、環境の変化に疲れてしまう、という声を周りで頻繁に聞くようになりました。他にも、仕事やプライベートで嫌なことがあったり、新しい環境に慣れるまでに緊張が続いて、ココロの疲れが取れず、ストレスを貯めてしまっている方もいらっしゃると思います。そういう時は、呼吸が浅くなっているかもしれませんので、「呼吸」することを意識していきましょう。マスクが必須の生活になって、深々と呼吸することも少なくなってしまった、という方もいらっしゃると思いますので、今日はストレス解消に効果抜群な「呼吸」をテーマに取り上げていきます。

朝とランチタイム、そして寝る前に1分間で良いので「呼吸」に意識を向けてみましょう。そして、深くゆっくりと酸素を吸い込みましょう。深呼吸は全身に新鮮な酸素を体に運んでくれるので、胸が開き、より呼吸がしやすくなります。血行も良くなるので、眠気打破や疲労回復にも効果的です。ほんの少しの時間ですが、気分転換やリフレッシュすることができます。

私がやっている簡単な呼吸方法をご紹介します。たったの4ステップです。

1. 肺に溜まっている空気を口からゆっくり押し出す(10秒程度)
2. 鼻からゆっくり息を吸う(5秒程度)→腹式呼吸推奨!
3. 息を止める(5秒程度。無理はNG!)
4. 10秒かけて鼻からゆっくり息を吐く

この4ステップを2回繰り返す

もちろん、ストレスを感じた時だけではなく、日頃から習慣化をすることをお勧めしています。ぜひ「呼吸」を極めて、ウェルビーイングな生活を送れるように応援しています。

■プロフィール

画像1

文:みっしー(三嶋春菜)
・「BeDo+」Chief Experience Officer(顧客体験&プロダクト責任者)
・エクスペリエンスプロデューサー/モデレーター。
・大手ECサイトのプロデューサーとして勤務後、B2B企業のデジタル変革を支援するコンサルタントとして従事。
・ローカルFM局でディレクター&パーソナリティとして10年以上番組に携わる。


13
「マインドフルネスを私たちの日常に。」をコンセプトに、マインドフルネスを気軽に知る・体験する・実践するのきっかけを作るための、マインドフル・ライフスタイルメディアです。