宗教、国境、あらゆるボーダーを越えて地球の未来を考える〜A NEW EARTH〜Zen2.0参加レポート#1
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

宗教、国境、あらゆるボーダーを越えて地球の未来を考える〜A NEW EARTH〜Zen2.0参加レポート#1

いよいよ本日から始まりました、今年で5回目を迎えた鎌倉発マインドフルネスの国際カンファレンス、Zen2.0
Mindful.jp編集長の松元が参加して感じたことを綴ります。
※参加レポートにあたり、イベントのスクリーンショットの掲載許可をいただいています。

2日間盛り沢山!今年の見所はグローバルな繋がり。

今年のメニューはご覧の通り。「A NEW EARTH」というテーマに即して、「太陽系地球」「宇宙」「地球文明」などのタイトルが並んでいます。またオランダのアムステルダムのインナーピースネットワークや、スタンフォード大学とのコラボレーションセッションなど、グローバルな繋がりが特徴的ですね。

オープニングは雅楽でタイムスリップ。膨らむ期待感。

元々25名限定の建長寺リアル参加チケットを取っていたのですが、この緊急事態宣言下で全てオンライン配信に切り替わり、私は東京の自宅から参加です。

朝8:45。台風の最中の建長寺ですが、雅楽の音色から。

▲音無史哉さん (笙)、佐藤愛美さん(龍笛)「おとづれ〜龍と鳳凰の声〜」

雅です。どちらかというと地味なイメージの建長寺ですが、この時間は少し華やぎが加わりタイムスリップした気分になりました。

建長寺派 宗務総長 長尾宏道さんの般若心経・講和でいよいよスタート。

こういったマインドフルネスイベントの冒頭では大抵、「では、まず皆で座り(瞑想し)ましょうか」となるのですが、ここは鎌倉発のZen2.0。
建長寺の長尾総長によるセッションに続きます。

早速「般若心経」で建長寺モードにぐっと入っていきます。

続いて、ご挨拶から講和に。

“皆さんの心が痛んでいるという状況が続いていますね。
昨年の9/18・19もコロナ禍の中、開催されました。
その時『諸行無常。世の中は変わっていく、あなたは大丈夫。』というお話をしました。ただ、ここまで長く続くとは・・・

遡ること、1253年建長5年、戦国時代。
コロナ禍と似て流行病が日本中に蔓延し、沢山の人が亡くなりました。
建長寺はそのような方々を弔うために創設されました。
当時できたことは祈ること それで当時は過ごしていたのだと思います。
今は時代が変わってリモートで発信することができるようになりました。

今は「どうにもならない、思うようにならない」という気持ちが皆さんの中であると思います。
では、どうしたら良いのか?今の現状は今の中では受け入れるしかない。
その上でどのようにしていくか考える、ということですね。

私たちの日常は変わってしまいましたが、その日常を見直すとその中で何ができるかが見えてきます。

建長寺の行事は中止、縮小が続いているが日常で変わっていないこともあります。
朝はお祈り、掃除をします。その掃除をしながら気がつく。
2月3月は牡丹が、4月は桜、6月は紫陽花が、蕾からだんだんと咲いてくる。
そして今は落ち葉がたくさん散っています。

この落ち葉を美しいと思うのも心。また掃除しなくては、と思うのも心。
日常の中にそういうものに気づく、それが癒しでは無いでしょうか。

大切なのは、日常でなにができるのかを考えること。
例えば、医療従事者の方に対して今はなにもできないけれど、大変な思いをされているな、と気づく。過ぎて行かないでそこに気づくこと。

この2日間、様々なお話を聴きながら、今なにができるかを考えましょう。元通りにしたい、と考えると苦しくなります。
今の状況を受け入れ 自分の中でなにができるかを考える。
「気づく」ということをやっていきたいですね。


このZen2.0によって縁が結ばれることに感謝しています。”

座禅は調身・調息・調心で。

ここで、座禅。椅子に座って行います。

大事なことは、3つ。調身・調息・調心。

①調身
背筋を伸ばして法界定印(ほっかいじょういん)を作り、お腹の前、丹田に置く。顎をひく。
目線はまっすぐ正面を見た後、1メートル下方を見る。半眼にする。

②調息
腹式呼吸で、大きく吸って、大きく吐く。
人間は自然に呼吸をして生きている。大きく吸って吐くことで呼吸をしていることを確認する。
思っていることを吐き出して、新鮮な空気を丹田まで入れる。

③調心
心を調える。一番大切なこと。
息は自らの心と書く。息を調えることで心も調う。

▲法界定印(ほっかいじょういん)

創設者の三木さん、宍戸さんから改めてご挨拶。今年のテーマは「A NEW EARTH」

ここで改めて、共同創設者の三木さん、宍戸さんと司会の児玉さんが登場。

“長尾総長が話し始めると雨が上がりました!
建長寺創設当時と似たような状況の今、当時の人々に救いを与えた建長寺でこのZen2.0を開催できることに感謝ですね。”

”今年のテーマの “A NEW WARTH 〜空からの開花 (Space to Flourish)〜” には宗教、宗派、国境も越えて未来を考えていく、という意味が込められています。”

今年の見所は?

“全推しです。禅とかけてます(笑)
アムステルダムやスタンフォード大学の仏教コミュニティの方々とのコラボレーションで、グローバルで繋がっている点が今年の特徴です。
また、いろんな悩み、悲しみ、苦しみを越えていくにあたって内側と外側をリンクさせていく内容になっていると思います。”
(宍戸さん)

ということで、静かで穏やかな気持ちとワクワクが入り混じった状態で、Zen2.0、いよいよ開幕〜!!!

(#2に続く)

▼Zen2.0見逃した!という方もまだ間に合う!イベント後も1ヶ月、見放題。

▼Zen2.0と目指す思いは同じ。10/2・3はWisdom2.0 Japan!

▼一般社団法人 ZEN2.0共同代表理事の宍戸 幹央さんがMindful.jpに寄せてくださった記事


五感が喜ぶ瞬間をお過ごしください
「マインドフルネスを私たちの日常に。」をコンセプトに、マインドフルネスを気軽に知る・体験する・実践するのきっかけを作るための、マインドフル・ライフスタイルメディアです。