Mindful Photos

32
変化してゆく美しさ -おざき ゆき-

変化してゆく美しさ -おざき ゆき-

うつろうように、 生きていきたいなと思った。 “変化している”ということにも、 気づく前に。 軽やかに、 目の前の気になるものを無邪気に 追いかけるように。 おざき ゆき 株式会社CRAZY | CRAZY WEDDING ART director 空間アートディレクター テーマは“感動と、在る日々” 小さな ときめきを切り取っています。

24
何を見て、何を想うかは自由、そんな当たり前は、私の特権なのかもしれない。 -おざき ゆき-

何を見て、何を想うかは自由、そんな当たり前は、私の特権なのかもしれない。 -おざき ゆき-

当たり前の日々だけれども その中で、ふとした美しさに気づくことがある。 「空が綺麗だな」とか 「ご飯が美味しいな」とか。 毎日同じだと思ってしまえば そうなのかもしれない。 でも、何に気づいて何を想うか そうして何を大切にするのかは 自分自身で選ぶことはできる。 気づかなかったら 当たり前になってしまう風景に 想いを寄せて。 おざき ゆき 株式会社CRAZY | CRAZY WEDDING ART director 空間アートディレクター テーマは“感動と、在る

29
雨上がり、映る世界-貝津美里-

雨上がり、映る世界-貝津美里-

雨が上がった。 地面のあちこちには、雨の名残が。 空を映す。雲を映す。 世界を逆さまにする、水溜りたち。 水溜りをいろんな角度で覗いてみたら──。初めての世界がいくつもあった。 雨上がり。足元をたのしむ。 貝津美里 人の想いを聴くのが大好物なライター。生き方・働き方・地域を主なテーマに取材執筆をします。写真と文章で、なんでもない風景をときめく日常に変えるのが好きです。

28
綺麗...と思う瞬間は、木漏れ日だったりする-貝津美里-

綺麗...と思う瞬間は、木漏れ日だったりする-貝津美里-

太陽のひかりが、やわらかく優しい模様になって地球にお絵かきをする。光と影。世界のかたちが、ここに落ちてる。 木漏れ日に埋もれてる歩くじぶんの身体にも、光と影が。 ここにしかない、今ここにしかない、綺麗な木漏れ日の世界。 貝津美里 人の想いを聴くのが大好物なライター。生き方・働き方・地域を主なテーマに取材執筆をします。写真と文章で、なんでもない風景をときめく日常に変えるのが好きです。

33