Mindful Photos

37
固定された記事
4人のアーティストが切り取る「日常の愛おしさ」-Mindful Photosマガジン特集-
+4

4人のアーティストが切り取る「日常の愛おしさ」-Mindful Photosマガジン特集-

こんにちは、Mindful.jp編集長の松元絢です。 Mindful.jpスタート前から、「マインドフルネスという言葉を使わずともマインドフルネスを感じる写真達を紹介したい!」という思いから、"Mindful Photos"というマガジンを提供してきました。 そして、この度2名のアーティストが加わり、総勢4名のアーティストが写真を提供してくださることになりました! 日々忙しい読者の方も、日常の一瞬を少し味わってみる、小さな光を感じてみる、そんな意識一つでふっと心がゆるむ・・・

スキ
29
“ふつう”という名の“特別”が、明日も来ると信じている -おざき ゆき-
+3

“ふつう”という名の“特別”が、明日も来ると信じている -おざき ゆき-

“日常”と言われたとき あなたはどんな風景を思い出すでしょうか 雑多な勉強机 散らばったおもちゃ いつもの晩ご飯 毎日通っている通学路 通勤電車からの眺め ひとつひとつ 思い出して文字にすれば それは情緒的な、まるで素敵な雰囲気をもってくれる 何でもいいわけでは無い ぜんぶがそうなんかじゃ無い 今の1秒も“ふつう”で“当たり前”かもしれないけれど それがまた来ることはない また来るのではなく 新しく来てくれた 紡いでゆく ふつうで特別な今が 小さな煌めき

スキ
13
思い出のコレクション-わたなべさき-
+3

思い出のコレクション-わたなべさき-

今を胸いっぱいに感じながら生きると、その時間は、心のアルバムにコレクションされるような気がしている。 このあいだ、あるおばあちゃんと話していると、ある感覚が湧き起こってきた。 "これは大切な時間になるだろう" 目の前のおばあちゃんの笑顔がまぶしくて、たのしくて、ずっとこころに残しておきたいと思った。 今、この時間を目一杯楽しむ。全身で今を感じる。 そうするとその時間は、心のアルバムにいつのまにかコレクションされて、ふとした時に思い出すことができる、"思い出"になるよ

スキ
10
若者は熱帯に迷い、自らを探す。
+4

若者は熱帯に迷い、自らを探す。

 列島に記録的な猛暑を呼び込んだ高気圧は、陽が暮れてもなおこの街の空に蓋をする。本来であれば、きっと港から吹き抜ける風が街に滞留した熱気を六甲山あたりへと運んでいくのだろう。  しかし、今宵は街路樹の葉一枚なびくことはなく、そのため幾分たりとも真昼の暑さが和らぐことはなかった。ましてや風の通らない中華街の路地裏に至っては、まるで全身を沸騰した泥の底に押し込められているようだった。 「それって贅沢なことじゃないか。」   耳の奥でかつての恩師の声が聞こえる。  コンクリ

スキ
28